書類の記入

九州・沖縄   
高度実践看護師
活動促進協議会

CPAAAPNKQ(Council of Promotion for Applications and Activities of Advanced Practice Nurses in Kyushu & Okinawa)


人々の健康と安寧、セルフケアとQOLの向上に寄与する

私たちの活動の最終目的は、地域社会の人々の健康と安寧、セルフケアとQOLの向上に寄与することです。
そのために、高度な知識、技術、倫理観を持つ高度実践看護師の能力の開発と、
その能力が臨床や地域で十分に発揮できる環境の創出を目指します。

 

当協議会について

当協議会の特徴

九州・沖縄高度実践看護師活動促進協議会は、2021年の3月28日に、前身の福岡県精神看護専門看護師活動促進協議会を発展的に解消する形で設立されました。当団体の目的は、九州・沖縄の看護の質の向上、ひいては人々の健康と安寧に寄与することを目指し、高度実践看護師の更なる活動と活用を促進することです。

車椅子の患者と看護師
 

当協議会の設立の趣旨

看護が変わると社会が変わる

当協議会の出発点は、前身の福岡県精神看護専門看護師活動促進協議会です。大学院で高度実践看護師教育課程を修了してもなかなか臨床や地域でうまく活用されないことに、私たちはジレンマを感じていました。医療機関などで独立したポジションを与えられ、組織横断的な活動ができれば、患者の病状の改善、セルフケア能力の向上、QOL(Quality of life:生活の質と生命の質)の向上、チーム医療の推進、組織の発展にもつながることが、多くの研究で証明されています。全国に全専門領域合わせても2,733名(2021年3月現在)しかいない希少な人材をもっと有効活用してほしい、との願いから、本協議会を設立しました。

348283_s.jpg

専門性を超えた協働による
ハイクオリティなケアの提供の基盤づくり

高度実践看護師を活用する側とされる側の相互理解と協働、能力の開発を目指して

現在、日本看護系大学協議会認定している高度実践看護師教育課程には、専門看護師教育課程とナースプラクティショナー教育課程の2つがあります。専門看護師教育課程は13の専門性に分かれています。高度実践看護師の数は年々増えてはいるものの、医療機関等に占める割合は数パーセントにすぎません。限りある希少な人的資源を有効活用するために、活用する側と活用される側の相互理解と協働がとても重要です。そして、高度実践看護師自身もたゆまぬ自己研鑽により能力の開発を継続する必要があります。しかし本人の努力だけでなく組織的なバックアップ、特に看護管理者からの支援もまた重要なのです。これらのことが専門性を超えた協働によるハイクオリティなケアの提供の基盤です。

本協議会ではこれらの目的を果たすために、会則を設けています。入会資格は、高度実践看護師の活用や活動に興味を持っていること、職場又は自宅が九州・沖縄にあることです。

活動をスムーズに行い、目的を効率的に果たすために、理事会、専門性や重点課題に応じた代議員会、基盤となる事務局を置き、年2回の理事会、年1回の総会で活動方針を決め、事例検討会、講演、シンポジウム、研究、地域の職能団体との連携、医療機関や教育機関への専門性の高い会員の派遣や、セミナーや事例検討会を通じた知的、実践的な交流などの活動を展開します。

​会則の詳細をご覧になりたい方は、上記の本協議会の会則という部分をクリックすると会則をダウンロードすることができます。

どうぞご高覧ください。

お問い合わせ
1667388_m.jpg
患者とケアワーカー

会員になりたい方はこちら

会員になりたい方は、このホームページの下のほうにある<入会の窓口>から当協議会の事務局にアクセスして下さい。

年会費

正会員    3,000円

賛助会員   2,000円

施設会員   30,000円

入会金はありません。会員には特典があります。其々の特典の詳細は、会則をご覧ください。

本協議会では、現在、会員を募集中です。入会資格に強い縛りはありません。資格保有者だけでなく、高度実践看護師の活動に興味がある、活用してみたいという方、私たちと一緒に高度実践看護師の活動や活用を促進する活動をしてみませんか?新しい仲間や考え方に触れ、視野が広がる体験ができると思います。
先ずはお問い合わせ窓口から入会したい旨、ご一報ください。事務局から入会希望者に「新規入会届」と会費の振り込み先を書いた書類を送ります。「新規入会届」に必要事項をご記入の上、メール添付で事務局までお送りください。
1週間経っても連絡がない場合は、再度事務局にお問い合わせください。
※入会届の書式と保存形式は変更しないでください。

新規入会届の書式はこちらから

当協議会の組織図

本協議会の理念を形にし、実現するための組織図です。本協議会は、代表1名、副代表2名、代表理事1名、理事13名以上、代議員、会員、賛助会員、施設会員で構成されています。
理事会と総会は代表が招集します。副代表は代表が何らかの理由でその職務が遂行できなくなった時に、次の代表が決まるまでの間、代表の職務を代行します。
理事会では、年間の事業計画案や予算案を作成します。代表理事を筆頭に、理事は専門分野や重点課題に応じて組織された代議員会を統括します。
代議員会は専門分野や重点課題における高度実践看護師の活動や活用に関する課題を解決するために、担当理事や他の代議員と協力して、課題の抽出と解決策の提案をします。理事はそれを理事会に提案し、全体でどのように取り組んでいくかを検討し、方針を決定して事業案と予算案を作成し、総会に諮ります。
 総会で会員は事業案と予算案を審議し、決定します。

本協議会の組織図は次のボタンをクリックすることで閲覧することができます。

Nurse Talking to Patient
 

当協議会の事業

詳細は当協議会にお問い合わせください。

教授との面談

コンサルテーション

会員及び会員施設の看護管理者は無料でコンサルテーションを受けることができます。

教育

教育機関や医療機関等に看護に関する教育を提供します。

授業風景
チューターと学生

研究・研究指導

臨床や地域での看護ケアの質を向上するための実践的な研究、及び研究指導を提供します。

調整・倫理調整

臨床や地域で起こる看護ケアを巡る倫理的な葛藤などの調整を行います。

チームミーティング
 

本協議会の代表、副代表、代表理事の紹介

メッセージは準備中の方もいます。

unnamed (3).jpg

専門は精神看護学。基礎教育は久留米大学医学部附属看護専門学校で受けました。久留米大学病院の精神科、脳外科・形成外科、放射線科・内分泌内科で臨床経験を積み、久留米大学医学部に看護学科が創設された時に5年間、助手として勤務し、教育の基礎を学びました。その後、兵庫県立看護大学大学院修士課程(精神看護学専攻)で高度実践看護について学びました。神戸大学大学院博士後期課程満期修了退学。
修士課程時代に、南裕子先生、近澤範子先生、宇佐美しおり先生、片田範子先生をはじめ多くの素晴らしい先生方と同窓生に出会えたことが、後に福岡県立大学で精神看護専門看護師コースを開設することにつながりました。
福岡県立大学で育てた優秀な修了生たちが、なかなかうまく臨床で活用されないことにジレンマを感じ、4年前に福岡県精神看護専門看護師活動促進協議会を設立し、活動を行ってきました。
今年3月28日に新しくなった本協議会の趣旨にご賛同いただいた九州・沖縄の看護系大学の先生方、臨床や地域でご活躍中の看護管理者、高度実践看護師、ゼネラリストの方々に御協力いただいて出発できたことに、この場を借りて心よりお礼を申し上げます。本協議会に役員の派遣をしてくださっている大学や医療機関等についての情報はこのページに掲載しています。
2020年3月に16年間お世話になった福岡県立大学を定年退職し、4月からは久留米大学時代の教え子に導かれて星槎大学大学院に入職。星槎大学が目指す共生社会の実現に向けて、精神看護や看護教育の視点から、自分なりに貢献できることを模索中です。星槎大学大学院のホームページへは私の名前を、看護教育研究コースのホームページは大学院名をクリックするとアクセスできます。
今年は、9月5日(日)に行われるPASセルフケアセラピィ看護学会第4回大会の大会長を務めることになっています。PASセルフケアセラピィはオレムーアンダーウッドモデルの発展形であり、私は大学院での実習指導を通じてその効果を実感しています。本協議会からはこの第4回大会への名義後援をいただいていることに心より感謝申し上げます。第4回大会のホームページは、下のボタンをクリックすることでアクセスできます。どうぞ、ご高覧ください。
高度実践看護師として看護介入技法を持ちそれを磨き続けることは必須のことだと思います。多くの皆様の第4回大会へのご参加を期待しています。

 
florence-nightingale-5671841_1280_edited_edited_edited.jpg

「あなた方は進歩し続けない限りは退歩していることになるのです。目的を高く掲げなさい」
「進歩のない組織で持ちこたえたものはない」

私たちの座右の銘

私たちは、フローレンス・ナイチンゲールのこの言葉を胸に進歩し続けたいと思います。

 

第1回理事会、総会、事例検討会、交流会を開催しました

開催報告

 去る、3月28日に九州・沖縄高度実践看護師活動促進協議会では第1回理事会、総会、事例検討会、交流会を開催しました。

 理事会では、代表理事の神里みどり先生(沖縄県立看護大学 学長)が挨拶をされ、今後、本協議会を通じて、九州・沖縄の高度実践看護師の活動と活用が一層進むように、貢献していきたいことが述べられました。また、代表の松枝美智子から提案された、会則、暫定的な2021年度の事業、それに伴う予算が概ね了承されました。理事会として初めての顔合わせでしたが、活発な意見交換が行われました。

 一つ懸案として残ったのは、COVID-19の感染拡大により、疲弊した医療や福祉の現場で働く人々への相談支援事業については、様々な意見が出たため、一旦保留とし、代議員会の意見も聞きながら9月の理事会で決定することになりました。また、8月までには担当理事が開催する代議員会において、専門分野や重点課題に応じた、高度実践看護師の活動や活用という観点からの課題と解決策について検討し、理事会で今後の活動方針を決定することになりました。

 第1回総会では、松枝代表の本協議会の趣旨説明、会則の承認、理事会で話し合われたことの概略の紹介と事業案の承認、予算の承認が滞りなく、行われました。

 第1回事例検討会は、行橋記念病院の工藤聡美様(精神看護専門看護師、当協議会の精神看護代議員会の代議員)から事例の提供があり、分野が違うからこその多様な視点からのディスカッションが展開されました。事例提供者だけでなく、参加した人達にとってとても学びの多い事例検討会でした。

 続けて行われた交流会では、ブレイクアウトセッションによる2回の小グループでの交流と、全体での交流を通して、親睦が深まると共に、日頃の活動や課題認識等が共有でき、有意義な交流会となりました。

 主催者の一人としては、オンラインによる開催でも工夫次第でいろいろな可能性が広がること、事例検討会へのニーズが高いことは大きな学びでした。今後の企画に活かしていきたいと思います。

 参加された方々の声は、下のボタンからご覧ください。

 ご参加いただいた方々、ありがとうございました。また、会えるのを楽しみにしています。

 

    文責 代表 松枝美智子

 第1回総会、事例検討会、交流会にご参加いただいた方で、参加証明書が必要な方は下の左側のボタンをクリックすると参加証明書がダウンロードできます。書類に必要事項をご記入の上、メール添付で代表の松枝美智子にお送りください。参加証明書を発行します。

 職場への提出や資格更新にお役立てください。

 

Upcoming Events

  • 九州・沖縄高度実践看護師活動促進協議会 設立記念シンポジウム、事例検討会
    11月28日 10:00 – 18:00
    リアルタイムオンライン開催
    11月28日(日)に本協議会の設立記念のイベントを開催します。皆さん是非予定をあけてご参加ください。事例検討会の他、シンポジウム、講演(講演をするかは未定ですが9月の理事会で決定)を予定しています。事例を提供してくださる方を募集しますので、代表の松枝までお知らせください。複数の方からお申し出があった場合は、次次回の機会に回します。どうぞご了承ください。 シンポジウムのテーマは、「エキスパートの高度実践看護師の役割開発の個人史」で、シンポジストの話題提供後に、活用され、活動を展開するために必要なことについて、参加者を含めてディスカッションをします。お楽しみに!
 
花植物

​当協議会に役員を派遣してくださっている高度実践看護師教育課程がある大学​​

大学名は許可があったところのみ掲載しています。

高度実践看護師教育課程とは、日本看護系大学協議会が認定した、13分野の専門看護師とプライマリケアのナースプラクティショナーを目指す人のための教育課程です。

 
flowers-324175_1920.jpg

☆公立大学法人 

福岡県立大学

大学院看護学研究科に、研究コースの他、老年看護、精神看護の専門看護師コースがありますが、専門看護師コースは現在学生募集停止中です。

1558837.jpg

☆福岡大学

大学院医学系研究科看護学専攻に研究コースの他、クリティカルケアの専門看護師コースがあります。

-
brier-5348645_640.jpg

☆聖マリア学院大学

大学院看護学研究科には、研究コースの他、慢性疾患看護と母性看護の専門看護看護師コースがあります。

3718402.jpg

☆国立大学法人
大分大学

大学院医学系研究科看護学専攻に、研究コースの他、クリティカルケア、老年看護、がん看護看護の専門看護師コースがあります。

1314821.jpg

☆沖縄県立看護大学

大学院看護学研究科に、研究コースの他、がん看護、小児看護、老年看護、精神看護の専門看護師コース、島嶼看護のプライマリヘルスケアのナース・プラクティショナーのコースがあります。